:ロイヤルエンフィールド

日本語 English

ロイヤルエンフィールド オフィシャルディーラー

ROYAL ENFIELD:ロイヤルエンフィールド

〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原1-26-7
TEL・FAX 048-876-5077

“ゆっくり行こうよ”が
コンセプトのお店です
ROYAL ENFIELD:ロイヤルエンフィールド
商品整備点検一覧イベントお問い合わせリンク試乗会

  新車

概要特徴仕様アクセサリー諸費用外観

Continental GT

Classic 500 EFI

Bullet 500 EFI

Classic Desert Storm

Classic 500 Military EFI

Classic Chrome 500 EFI

Classic 350

特選中古車

Bullet 500 EFI | 特徴

テイストフルな499cc単気筒エンジン

新設計のオールアルミユニットエンジン。
最大出力は20.3kwと必要にして十分の性能である。84mm×90mmのボアストロークを維持したことによりロングストロークビッグシングルの味わいフィーリングは健在だ。
シリンダー形状やREのロゴが刻印された腰下のケース形状など、クラシカルテイスト溢れたエンジンは眺めていても飽きがこない。


職人の手によるシルバーライン

フューエルタンク及び左右の三角部ツールボックスに描かれているシルバーラインは、熟練の職人によるハンドフィニッシュだ。
またタンク両サイドには伝統のウイングバッジが装着されている。
前後フェンダーにはクラシックなデザインのディープタイプを使用している。


シンプルなダブルシート

ガソリンタンク後方から車体後部までまっすぐ伸びるスクエアなダブルシートは、シートクッションが柔らかめのため、乗るとグッと沈み込み、足つき性は良好。
シート後には"ROYAL ENFIELD"のロゴがプリントされている。


信頼のエレクトリックパーツ

ECU、インジェクション、スロットルボディ、セルモーター等の主要な電装系は日本メーカーの物を採用しており、十分な信頼性を確保している。
またそれによりイージースタート、イージーライドをも実現した。


ブリット500EFIの車体を観察してみよう。
旧アイアンエンジンと同様の車体構成は、どの角度から見てもほっとさせる落ち着きがある。
シックにブラックアウトされた車体と優美なラインを描くフューエルタンク、ヘッドライトに埋め込まれたメーター類、このスタイルは現行車では唯一無二の存在である。
くっきりとクビレが強調され直立する単気筒エンジンは、他の現行シングルエンジンにはない優美さが感じられる。
旧型のエンジン形状を意識したケース形状もエンジンの美しさを引き立てるポイントだ。

乗り心地を重視した厚めのダブルシートを採用しているため、カタログ上のシート高は820mmとやや高め。
ハンドルポジションはやや高めの設定で、幅は少し狭い。
フットポジションは前でも後ろでもなく、自然に足を下ろしたところにステップがある。
背筋をピンと伸ばして走るクラシカルなスタイルだ。
エンジン始動はセルスターター式のため、あっけなくかかり、心配する必要はない。
前後19インチのホイルと伝統のフレームが生み出す操縦性は軽快でワインディングなどでも思いのほか良く走る。
ニュートラルなハンドリングで、初心者でも苦労することはないだろう。



 ・Bullet 500 EFI 定価:\698,000

 ・カラー:ブラック

* 価格には保険料、税金、登録等に伴う諸費用は含まれておりません。
* 改良のため仕様および諸元は予告なく変更することがあります。
* 車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。

トップページへ